記事一覧

タクミとヒカリの気遣い

嵐のようなエースケさんが、去ってタクミ&ヒカリは笑いながら話しかけてきたヒカリ『あやちゃん、エースケさんみたいなんタイプでしょ(笑)󾬅楽しそうだったよ󾮔』タクミ『大爆笑だったし(笑)』ヒカリ『エースケさんにしときなよ󾬆󾬌楽しそうだし󾫴』タクミ『エースケさん呼ぼうか?』(まぢ、無理󾭛1番疲れたし󾍁)相手に合わせてしまう私は、相手が楽しそうだと楽しそうに…笑ってると、笑顔に…ハイテンションだと私もテンションをハイに…...

続きを読む

ホストたち②

次は、変な人が来た(笑)『こーんばーんわ~󾬆何ちゃん?󾭖俺、エースケちゃん󾬆よろしくねぇ󾫴󾫴󾫴』(すげーテンションやし…。どうしよ…)私は相手に気を使ってしまぅ󾌣どこに行ったってその癖が抜けないエースケさん(25歳)すっごいお笑い系で、顔は普通のお兄さんハイテンションボーイとは彼の事やと思ったずっと二人で話していたタクミとヒカリも、エースケさんのトークにくぎづけ&爆笑やった私も爆笑したし、楽しかったけど、浴びせられるマ...

続きを読む

ホストたち①

当時21歳だった私より、一つ年下。ちょっとデブで不細工(ごめんね)な感じ彼は明らかに素人ッて感じで…󾭜かなり緊張してた私もつられて緊張するくらいの、ビビり様…仕事で癖付いた、いつもの習慣で、物凄いミライ君に気遣いをしてたあたし『ほんまに、気ィ使わんでえーからのんびりしてて(笑)󾭛』彼はすんごぃ緊張であんまりトークも出来てなかった私が彼の言葉のハシバシを拾っては、会話に繋げた疲れた(笑)しばらくして違うホ...

続きを読む

初、来店!!

5分もしないうちに、店についた『いらっしゃいませーぃ󾫴󾫴󾫴』勢いよくタクミが叫びながら、扉を開く…『いらっしゃっぃませーぃ󾬆』店内のホスト達も叫んでたトランスの音の大きな音が凄かった(うるさ~󾭜本間に、いかにもって感じでイヤ…。来るんやなかった……………………)これがあたしの感想󾭜ヒカリはタクミはニコニコ嬉しそうだったヒカリ、嬉しそう.。私もまだ少しは嬉しくなった私たちは1番奥の席に通されたヒカリの横に座るタクミ私...

続きを読む

歩いて

タクミは、もう一人ホストをつれて二人で迎えに来たヒカリ『タクミ󾫴店行ったげる󾮕』タクミ『サンキュー󾀀』ヒカリ『あッ󾔏友達のあやちゃん(私の事)ダヨ󾌰』タクミ『こんばんはッ󾌰』タクミの目は生き生きしてた。いや、ギラギラしてるの四人で、店まで歩きながら話した󾭖緊張してた...

続きを読む

ホストたくみ。

近くのコンビニまで行き、ヒカリの¨友達¨のホストの迎えを待った寒くて、『はよして~』って言ってたら、彼が現れた『よっ󾌳󾮕おまたせ󾠔』タクミ18歳。...

続きを読む

ついて行く…

結局、ヒカリの嬉しそうな顔見てたら、断れなくて、ノリで行く事にしたあたしもすんごいノッてるフリをして、『楽しもうねー󾬆󾌰』なんて言うてたヒカリはノリノリやった(笑)...

続きを読む

正気なの?

ホスト着いて来てよ??あたしは吸ってたタバコを落とした(絶対イヤ)楽しそうに話すヒカリにイヤな顔出来ずに、苦笑いで、話すあたし『え?意味わからんし~(笑)(冷や汗)󾭛󾭛󾭛󾭛󾭛知り合いて誰なんよ(笑)?』ヒカリ『仕事帰りにいつも駅で会う人だよ-…。始発出るまでの暇な時間、いつも相手してくれるんだ󾭠󾬆』あたし『キャッチやん󾬆無視しぃや(笑)』ヒカリ『店来なくていいから話そうって言ってたよ󾀀いつも相談に乗って貰っ...

続きを読む

きっかけ

あたしが働いていたラウンジの忘年会先輩やらママ、お客さんと鍋を囲んだヒカリと私は家が同じ方向やから、終電で一緒に帰る約束をしてた終電の時間が来て『お先に失礼します󾭠』って二人で帰った帰り道なんか妙に、また恋バナで盛り上がり、今日は二人だけで語ろう󾫴ってなってカラオケに行った󾭖カラオケしてる時に、ヒカリが言った一言耳を疑ったけどこれで私は、後に彼氏になる男に出会うヒカリ『ねぇねぇ、知り合いのホストつい...

続きを読む

わたし

17歳から、キャバクラを初めました。彼との出会いは20歳。昔から、夜の仕事の男には興味はなく、とくにホストは、大大大大大!嫌いな生き物でした。『キモい』しか思わない軟派なメンズが大嫌いで、まぢ普段からナンパとか、完無視だし。ホストとキャッチはキレかけな女ホストの服、髪型、仕事、精神、生活…もう!すべて気持ち悪いし、嫌いやった!...

続きを読む

プロフィール

あや17

Author:あや17
あやです★
私の人生を書いていきますよ♪♪

最新コメント

月別アーカイブ